*

遺産分割協議の後で相続放棄はできますか?

公開日: : 相続放棄

こんにちは。 大阪府内・近郊で遺言、相続のお手伝いをしているKAIDO司法書士事務所です。

Q. 父親が亡くなってから、その相続人である、母、兄と私で遺産分割協議をしました。

私はその際、亡父の財産は住んでいた土地と建物が全てだと思っていたこと、私は結婚して既に家を出ていることなどから、これからもその家に住み続ける兄と母に、土地建物を取得させる内容の遺産分割協議を成立させました。

その後半年ほど経ってから、実は、父は、兄の経営する会社の連帯保証人になっており、亡父の相続債務として5,000万円もの保証債務があることがわかりました。 もはや、私に相続放棄できる余地はないのでしょうか?

 

A.

相続人が相続財産の全部や一部を処分したときや、3ヶ月の熟慮期間内に相続放棄の手続きをしなかった場合は、法定単純承認と言って、被相続人である故人のプラスの財産・マイナスの財産の全てを受け継ぐことになります。

あなたの場合、母と兄との遺産分割協議を成立させたことは、相続財産の処分行為と評価され、法定単純承認事由に該当しそうです。

しかしながら、あなたが亡父の多額の相続債務の存在を知っていたなら、当初から相続放棄の手続きをとっていたであろうと考えられます。

その相続放棄の手続きを採らなかったのは、相続債務の存在につき誤信していたためであることや、あなたと、母・兄らとの生活状況や遺産分割協議内容の諸般の事情を含めて考えると、今回の成立していた遺産分割協議は要素の錯誤により無効となる可能性があります。 ひいては法定単純承認の効果も発生しないと見る余地がありますので、今からでも相続放棄ができる余地はあります。

 

 

**********************

大阪市・堺市・東大阪市を中心に

大阪府近郊の遺産相続手続き・遺言作成をお手伝い

KAIDO司法書士事務所
御堂筋線心斎橋駅・本町駅各5分
堺筋線 長堀橋3分

**********************

KAIDO司法書士<strong></strong>事務所HPへ
KAIDO司法書士事務所HPへ

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村


司法書士 ブログランキングへ

関連記事

3ヵ月経過した後で相続放棄はできますか?

こんにちは。大阪で相続放棄のお手伝いをしているKAIDO司法書士事務所です。 Q.  私の兄は

記事を読む

相続放棄をした場合の退職金や遺族年金はどうなりますか?

こんにちは。 大阪市中央区のKAIDO司法書士事務所です。 Q. 相続放棄をすると、死亡者の退職金

記事を読む

遺産分割協議に応じない相続人がいる場合はどうしたらよいですか?

こんにちは。 大阪市のKAIDO司法書士・行政書士事務所です。

夫婦の連名で遺言書を作成することに問題はありますか?

こんにちは。 大阪市中央区・心斎橋のKAIDO司法書士・行政書士事務所

会社設立時の資本金払込みの、よくある間違いと正解

こんにちは。 大阪市で会社設立といえば!のKAIDO司法書士・行政書士

遺言書の内容と異なる遺産分割はできますか?

こんにちは。 心斎橋駅徒歩5分のKAIDO司法書士・行政書士事務所です

相続登記に期限はありますか?

こんにちは。 ブログ更新をさぼっていたKAIDO司法書士・行政書士事務

→もっと見る

PAGE TOP ↑